arduinoでwifi ESP-WROOM-02(準備編1)

・目標

 

秋月電子にてESP-WROOM-02ESP-WROOM-02用ピッチ変換基板を

半田付けして、使える状態にすること。

 

・用意したもの

 

 ESP-WROOM-02         (550円 秋月電子

 SP-WROOM-02用ピッチ変換基板 (50円 秋月電子

 フラックス 

 半田

 半田ごて

 

・方法

 

*まずは本体とピッチ変換基板をはんだ付け

 

まずは本体と基板をビニールテープで固定する

そしてフラックスを塗る

半田ごての先端に半田を少しのせて

接着させたい場所にちょこっと当てればはんだ付け完了

f:id:shangtian:20170222230625j:plain

これを繰り返して全部に半田をつける

ピンヘッダを9個分切ってブレッドボードに

載せるその上に基板を固定しはんだ付けをする

この時もフラックスを塗り先ほどと同じように

半田ごての先に半田を少し載せて任意の場所を

固定していく

ジャジャーン出来上がり

f:id:shangtian:20170222230616j:plain

 

ps3コントローラ修理(修理失敗)

PS3をリフロー修理し、バトルフィールドハードラインを楽しんでいたら、

コントローラの調子が悪くなり、左方向に動けなくなった。

自動車を運転しても左折出来ないので、不便すぎる。

買い替えることも考えたが、直せるんじゃねという

安易な考えの下コーンとローラの分解を始めたわけだが・・・

 

・目的

 

左アナログパットの調子が悪くなり左方向に全く反応しないので

とりあえず分解してみて修理してみることに

 

 

・準備したもの
 
 PS3コントローラ(今回直すやつ)
 PS2コントローラ(500円 ハードオフ
 半田
 半田ごて
 半田吸収線(221円 千石電商

 

・方法

 

 (1)分解


このコントローラは純正品ではなく中華製なので構造が

純正品とはちがうみたいだ。

まず背面にあるネジ6個外していく。プラスドライバーのみでおk

f:id:shangtian:20170222224601j:plain

 

ネジを全部取るとケースが外れるので、背面のケースをパカッと外す

f:id:shangtian:20170222224829j:plain

そうすると電池見えると思うので、その
電池の裏にネジが隠れているのでそこも外す。

 

あまり力を加えないで基盤を外せる

基板とビニール基板が接続されているので外す

f:id:shangtian:20170222224611j:plain

 

 

(2)基盤からジョイスティックを取る
 
右側のジョイスティクは半田をし直したところちゃんと作動するようになったので
右側のジョイスティクのみ交換することにした。


 基盤の裏に半田ごてと半田吸い取り線を当てて取っていく。千石電商にジョイスティックが520円位で売っていたが、今回はハードオフで買ったps2のコントローラのジョイスティックを交換部品として使うことにする。

f:id:shangtian:20170222225057j:plain

ps3コントローラと同じように分解してジョイスティクを基板から外す。その外したものが下の写真

f:id:shangtian:20170222224540j:plain


 (3)基板にジョイスティクを半田付け
 
 さっき取ったジョイスティクをps3の基板に刺して、フラックスを塗り、半田をつける。ps3の電源をつけコントローラ反応を見るが・・・・
右側のジョイスティク反応しない

 

・結論

 頑張って直そうとしたがだめだったようだ。問題はジョイスティク自体ではなくて他にありそうだが特定できなかった。

 

 

 

 

 

ジャンクPS3をリフロー修理

 

・用意したもの

 

ジャンクPS3 CECHA00 (ハードオフで購入 3500円)

ヒートガン   (Amazonにて購入 1680円)

 

ヒートガン 1800W 強弱2段階切り替え可能 アタッチメント付き
 

 

フラックス   (Amazonにて購入 392円)

シリコングリス (Amazonにて購入 399円)

エアースプレー

掃除機

ドライバー

USBメモリ

2.5インチHDD

 

・PS3をまずは電源投入

通電しなかったらもうそこでアウトなので、めちゃめちゃドキドキしながら

電源オン。赤ランプが無事につき一安心。スイッチを押すとファンの回る音が

するかと思えばすぐに赤ランプが点滅。YLOD故障じゃないかなぁとこれをみて

思いリフロー修理へ。

 

 

・兎に角分解だぁー

 

まずはps3の底にあるネジを外す。下の写真わかりにくいけど

ハードディスクの上あたりにシールが貼ってあって、それを剥がす

とゴムの蓋が見えるので、それを外す。そうすると、さっき云った

ネジがあるので外してあげる。

 

f:id:shangtian:20170215092251j:plain

 

 

 

次に写真の赤線部分のカバーが横にスライドするので外す。

目についたネジをすべて外し、PS3のケースを外す。

この時点でもうほこりがやばい掃除機とテッシュそしてエア―スプレーを駆使し、

綺麗に掃除していく。頑張って分解していくと基盤だけ取り出せた。

 

 

 

・ヒートガンで温める

 

 上の写真でグリスが塗ってあるチップにヒートガンで熱を加える。YLOD故障

は基盤からGPUチップが浮いてしまっているため起こる故障らしい。なので

はんだを溶かしくっつけてしまおう。これがリフロー修理と呼ばれる方法なのだ。

f:id:shangtian:20170215092315j:plain

グリスをふき取ってヒートガン(上の写真)で温める。今回は2分ほど熱(たぶん600度)を加えた。

 

その後PS3を組み直して電源オン

やったー起動したぞ。

f:id:shangtian:20170215092303j:plain

 

・OSを入れてあげる

 

HDD抜きで売られていたため新しく2.5インチのHDDを入れてあげる。

そしてOSをインストール。まずはhttp://www.jp.playstation.com/ps3/update/#pcud

からダウンロード

f:id:shangtian:20170215092339p:plain

アップデートのダウンロードをクリック。上記のサイトに書いてあるようにUSBにファイルを作成。あとはPS3本体に差し込めば終了。

processing box2dのライブラリー import のやり方

右上のjavaっていうタブをクリックし、モードの追加を選択する。

 

f:id:shangtian:20170108212905p:plain

 

次にLiberariesを選択し検索欄に「box2d」と入力して検索結果から希望の物をインストール

f:id:shangtian:20170108213138p:plain

 

プログラミングとか

 パソコン関連、プログラミング、読んで面白かった本とかについて書いていこうかなぁと思っている。