Arduinoで温湿度センサ(DHT11)を使う

・目的

 温湿度センサDHT11を使って湿度と気温(℃)を表示すること。

 今回DHTライブラリを使用することで簡単に温度データと湿度データを

 表示する。

 

・使用したもの

 温湿度センサ(DHT11)

  ジャンパワイヤ

 ブレッドボード

 Arduino UNO

  ノートPC(Windows10)

 

 

・方法

 (1)回路を作成

    DHT11は左のピンから順にVCC,I/O,NC,GNDである。表1にまとめた。

    今回はNCピンは使わない。DHT11のDCは3.5~5.5V。回路図を図1に

    示した。

 

 表1:ピン割り当て

pinNo

 

1

VCC

2

I/O

3

NC

4

GND

 

f:id:shangtian:20170409210011p:plain

図1:

 (2)プログラムコード

#include <DHT.h>

const int PIN_DHT = 8;
DHT dht(PIN_DHT,DHT11);

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("DHT11");
  dht.begin();
}

void loop() {

  delay(3000);

  float humidity = dht.readHumidity();
  float temperature = dht.readTemperature();

  Serial.print("Humidity:  ");
  Serial.print(humidity);
  Serial.println("%\t");
  Serial.print("Temperature:  ");
  Serial.print(temperature);
  Serial.println(" *C");
}

図2:プログラムコード

 

(3)ライブラリをインポート

   Adafruit_SensorライブラリとDHTライブラリをインポートする。

   Adafruit_Sensorライブラリはhttps://github.com/adafruit/Adafruit_Sensor

          からダウンロードし、ZIP形式でライブラリーをインポートする。

   図3も参照のこと。DHTライブラリをインポートは図4を参照。

   

f:id:shangtian:20170409211149p:plain

図3:zip形式ライブラリのインポート

 

f:id:shangtian:20170409211147p:plain

図4:DHTライブラリインポート

 

・結果

 図5に結果を示した。

f:id:shangtian:20170409205737p:plain

図5:測定結果

ドスパラ スティック型PC!!