Arduino unoをシリアル変換モジュールとして使いATmega328Pにスケッチを書き込む

・はじめに

 ATmega328pにArduino IDE

 スケッチを書き込むには

 あらかじめATmega328pに

 ブートローダーが書き込んで

 ある必要があります。

 

 書き込んでいない場合はまず以下の

 記事を参考にブートローダーを書き込んで

 ください。

 

shangtian.hatenablog.com

 

・目的

 Arduino IDEを使いATmega328Pに

 スケッチを書き込み、Lチカ

 させる。

  

 Arduino IDEを使いATmega3281Pに

 書き込む方法は3種類ある。今回

 は2つ目の方法を紹介。

 

・使ったもの

 Arduino uno

 ATmega328P

    ブレッドボート

 ジャンパワイヤ

 水晶16MHz

 コンデンサー 22pF

     

・方法

(1)回路図

arduino をシリアル変換モジュール

として使用する。図1の写真のように

Atmega328pを抜いた状態で使用する。

 

 図2に回路図、表1に接続ピン対応表を載せた。

f:id:shangtian:20170701124659j:plain

図1:ArduinoからATmega328pを抜く

 

f:id:shangtian:20170701124347p:plain

図2:回路図

 

本来シリアル通信ではTXS<->RXD

となるよう接続するが、Arduino uno

を使う時はRXD<->RXD TXD<->TXDでよい

表1:接続ピン対応表

Arduino uno

ATmega328p

D0(RXD)

2 (RXD)

D11 (TXD)

3 (TXD)

RESET

1  (REST)

 

 

 

 

(2)プログラムコード

 Lチカをするコードを図3にしめした。

void setup() {
  pinMode(8, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(8, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(8,LOW);
  delay(1000);

} 

図3:Lチカ

 

(3)コード書き込み 

ボードはArduino unoを設定

書き込み装置はAVRISP mkll

図4参照  

f:id:shangtian:20170701125458p:plain

図4:ボード設定

 

通常、Arduinoに書き込むときと同じように

図5の赤丸部分をクリックすればよい。

 

f:id:shangtian:20170701092155p:plain

図5:書き込み実行

 

 

 

shangtian.hatenablog.com

 

 

shangtian.hatenablog.com

 

 

<参考文献>

http://www.gammon.com.au/breadboard
http://mcu-tw.blogspot.jp/2014/10/lesson-1ftdiupload-sketchatmega328p-pu.html
https://b.eax.jp/eh/arduino/10405/
http://ht-deko.com/arduino/atmega328p.html
https://okuzawats.com/bootloader-20150516/