ATmega328pで自立走行三輪車を作ろう(その1)

・目的

 ATmega328pを使ってロボットを

 作る。取り敢えず走れば良いw。

 

・(その1)での目標

回路を設計して、ユニバーサル基板

に配線する。

 

今回はセンサー類は一切つけない。

またモーター制御はモータードライバ

TA7291Pを使用した。

 

・使用したもの

 

    16MHz水晶振動子

 NJM2396F05(レギュレータ5V1.5A)

    コンデンサ10μF

 ユニバーサル基板(ブレッドボード風)

 モータードライバ TA7291P

 

 

 

・方法 回路設計

Arduino unoに搭載されている

ATmega328Pを使用して制御する。  

 

ATmega328Pは5V電源を必要とする

ため5V1.5Aのレギュレータ

NJM2396F05を使った。

 

このレギュレータは4端子あり

Vin,Vout,GND,ON/OFF CONTROL

ON/OFF CONTROL端子を使用

することで、レギュレータの

ON/OFFを制御出来るが

今回は使用しないのでVinに

接続する。

  

 今回pwmを使わずモーターを制御する。

つまり速度の調整は出来ない。

 

TA7291Pのデータシートによると

pwmを使用しない場合はVref端子を

オープンにせず、Vsに3kΩ以上の抵抗

を介して接続する。

 

今回マイコン側の電源とDCモーター側の

電源を同じ電源を使ったため、

モータのノイズがマイコンの動作を不安定に

させた。電源は別にした方がよい。 

 

 

図1に回路図を示した。

f:id:shangtian:20170824184806p:plain

図1:回路図

 

 

f:id:shangtian:20170826205316j:plain

図2:実際配線した図