可変三端子レギュレータLM317Tを使ってみた

・目的

可変三端子レギュレータを使用し

電源回路をブレッドボード上に

作るりLEDの明るさを変化させる。

 

・使用したもの

LM317T

ブレッドボード

LED

1kΩ抵抗

可変抵抗(B10k)

 

・LM317Tの仕様について

 1.2Vから37Vの幅の電圧を出力できる

f:id:shangtian:20171018230646p:plain

図1:ピン配置

出典:LM317T仕様書

 

可変レギュレータはVrefが常に同じ値になるよう

調整する。LM317TではVref=1.25である。

 

f:id:shangtian:20171016211232p:plain

図2: 基本回路構成

出典: LM317T仕様書

 

Voutは以下の式により求めることが

できる

f:id:shangtian:20171016215158p:plain

LM317TはVref = 1.25[V]

Iadjは100μAより小さくなるよう

設計されている

 

上式よりR1とR2の比率によって

出力電圧(Vout)を調整できる。

 

 

例)Vref = 1.25[V] Iadj = 100μ[A]

*Iadjの定格値は50μ[A]だが最大値で計算してみる

  R1 = 1K[Ω] R2 = 10K[Ω]

       であるとき

  

f:id:shangtian:20171018230024p:plain

 

      R1 = 1K[Ω] R2 = 0[Ω] であるとき

 

f:id:shangtian:20171018230526p:plain

        となる

 

Iadjを最大にして第二項はも0.01[V]なので

f:id:shangtian:20171018231816p:plain

と考えて良さそう

 

 

・方法

図2の基本構成回路を基に

図3の回路をブレッドボード

に組む。

f:id:shangtian:20171016221124p:plain

図3:基本構成回路をもとに組んだ回路w

 

・結果

 

電圧変化しました。


f:id:shangtian:20171018231241j:image

 図4:実際に組んで動かした