実験用電源の作成記録その2

・目的

プラスチックケースを加工して

スイッチやコネクタを取り付ける

 

・使用したもの

ドリル

ヤスリ(ダイソーで売ってた金属のヤスリ)

木片(ホームセンターで購入)

プラスドライバー

プラスチックケース

f:id:shangtian:20171016095127j:image

可変抵抗(B10k)

トルグスイッチ

DCコネクタ(外径5.5mm,内径2.1mm)

絶縁ターミナル

サトーパーツ(SATOPARTS) T-3025-B

サトーパーツ(SATOPARTS) T-3025-B

 

ヒートシンク秋月電子の店頭で売られていた)
f:id:shangtian:20171016100525j:image

 

・方法

 

(1)ケースに印をつける

 

まずはケースにコネクタや

スイッチを取り付ける

位置をマジックペンで

印をつけていく

 

トルグスイッチ
f:id:shangtian:20171016095754j:image

 

ボリューム

f:id:shangtian:20171016095827j:plain

 

コネクタ赤黒
f:id:shangtian:20171016100012j:image

 

DCコネクタ
f:id:shangtian:20171016100038j:image

 

ヒートシンク
f:id:shangtian:20171016100133j:image

(2)ドリルで穴開け

先ほど印をつけたところを

ドリルで穴を空けていく

空け終わったら部品を通して

みる。もし入らなかったら

ヤスリで削って行くとよい。
f:id:shangtian:20171016100206j:image

 

こういう大きな部分

を切り出す時は印の

周りを、間隔を詰めて穴を

空けていき、最後はニッパー

で切り取ると空けられる

f:id:shangtian:20171016100133j:image

 

切り出したのが下の写真
f:id:shangtian:20171016100301j:image

 

こちらが完成品
f:id:shangtian:20171016100322j:image

 (3)コネクタの配線

 

 次はコネクタに配線をしていく


f:id:shangtian:20171016101525j:image


f:id:shangtian:20171016162743j:image

 

レギュレーターへの配線
f:id:shangtian:20171016162855j:image

 

レギュレーターに配線し終わったら

レギュレーターの裏側に

CPUグリスを塗って

ネジで固定した
f:id:shangtian:20171016162933j:image

固定したのが図
f:id:shangtian:20171016162946j:image

 

その3へ続く

 

shangtian.hatenablog.com