Ada入門:繰り返し構文

・目的

今回は繰り返し構文について

Adaの繰り返し構文はバリエーション

がけっこうあるきがする。

 

・方法

ここでは5種類の繰り返しかた

をやってみる

 

まずこれ

c言語でいうdo whileみたいなやつ

  i := 0;

   loop
      put("i =");
      put(i, 5);
      New_Line;
      i := i + 1;
      exit when i = 4; --iが4になったら終了
   end loop;

 

次は、条件文で繰り返しを抜けるパターン


      i := 0;
  loop
      Put("i =");
      Put(i,5);
      New_Line;
      i := i + 1;
      if i = 4 then exit; end if;
   end loop;

次はwhile文

  i := 0;

   while i < 5 loop
       Put("i =");
       Put(i,5);
       New_Line;
       i := i + 1;
   end loop;

つぎはfor文

iが1から4の間繰り返す

for i in 1..4 loop
      Put("Hello World");
      Put(i);
      New_Line;
   end loop;

今度は8〜5の間繰り返す

ただし8 7 6 5 4

という感じで処理される

 

for i in reverse 5..8 loop
      Put("Good morning");
      Put(i);
      New_Line;
   end loop;