ATTiny13A ブートローダー書き込み

ATTiny13Aは秋月で50円ほどで

とにかく安い

ピンの数が少ないんでかなり制限

されて使いにくいかもしれないけど

とにかく安い

 

というわけで使ってみる

 

・目的

ATTiny13Aにブートローダーを書き込む

 

・使用したもの

 

ATTiny13A

Arduino UNO

Arduino IDE

ブレッドボード

ジャンパワイヤ

mac mini

 

 

・方法

 

(1)Arduino に ArduinoISPを書き込む

 

まずはArduino unoにArduinoISPを書き込む

 

f:id:shangtian:20170629230220p:plain

図1:ArduinoISP

 

(2)ボードマネージャに追加

 

まずは

Arduino IDE に ATtiny10/13 の開発環境を組み込む | Make | kosakalab

にアクセスして図2の赤四角の

部分をクリックしてzipファイルを

ダウンロード

 

f:id:shangtian:20171116082103p:plain

図2:Arduino IDE に ATtiny10/13 の開発環境を組み込む | Make | kosakalab

 

ダウンロードしたファイルを解凍すると

以下のような構成になる

 

bitDuino_2017-2/

                        ┣ bitDuino10/

                        ┣ bitDuino13/  <---使うのはこのファイル

                        ┗bitDuino_Readme.txt

 

次に

  書籍/Arduino/

ディレクトリにHardwareという名前で

ディレクトリを作成しておく

 

先ほど解凍したファイルの中にある

   bitDuino13

をHardwareにコピー

 

うまく追加されるとツール->ボード

で以下の図のように表示される 

f:id:shangtian:20171116083820p:plain

 図3:ボードの選択

 

(3)配線

図4のように配線して

Arduino uno とATTiny13Aのピンの対応表

を表1に示した。

f:id:shangtian:20171115234008p:plain

図4:Arduino unoとATTiny13Aの繋げ方

 

 表1:対応表

 

Arduino uno

ATTiny13A

SDK

D13

7(PB2)

MISO

D12

6(PB1)

MOSI

D11

5(PB0)

RESET

D10

1(RESET)

 

(4)ブートローダーを書き込み

 

ツールを開いて図5のように書き込み装置

Arduino as ISP を選択して

ブートローダーを書き込むをクリック

 

f:id:shangtian:20171116083655p:plain

 

<参考文献>

Arduino IDE に ATtiny10/13 の開発環境を組み込む | Make | kosakalab

Arduinoで、小っちゃいIC(ATTiny)を使う方法 - Qiita