esp-wroom-02(esp8266) boot mode(x,y)とは

esp-wroom-02がエラーコードをシリアル

モニタにはき出したものを見るとたとえば

rst case:2 boot mode:(1,6)

みたいなのが書いてある。

今回はそのboot modeについて

 

端的に言うとboot mode:(x,y)は

esp-wroom-02の状態を表している。

 

シリアルモニタの通信速度を74880bps

に設定するとboot modeを知ることが

出来る。

 

まずはboot modeのxについて

GPIO15,GPIO0,GPIO2のピンの状態を

2進数で表すと以下の表のようになる 

2進数 GPIO15 GPIO0 GPIO2
000 Low Low Low
001 Low Low High
010 Low High Low
011 Low High High
100 High Low Low
101 High Low High
110 High High Low
111 High High High

 

それぞれのピンの状態によって

ESP8266の動作が変わる

シリアルモニタで表示されるboot mode(x,y)

のxは以下の表の10進数部分と対応する

 

例えば

esp8266にプログラムを書き込むときは

x=1に設定する

またプログラムを実行するときは

x=3に設定する 

xの意味
code(2進数) code(10進数) 意味
000 0 Remapping
001 1 Boot from the UART0. Also includes flashing
the flash memory for subsequent normal start
010 2 Jump start
011 3 Boot from flash memory
100 4 SDIO low speed V2
101 5 SDIO high speed V1
110 6 SDIO low speed V1
111 7 SDIO high speed V2

 

 次はboot mode(x,y)のyの部分について

以下の表に示した

yの値はcodeの値と対応する

yの意味
code 意味
0 Remapping
1 UART Boot
2 Jump Boot
3 FLASH Boot
4 SDIO LowSpeed V2 IO Uart1 Booting
5 SDIO HighSpeed V1 IO Uart1 Booting
6 SDIO LowSpeed V1 IO Uart1 Booting
7 SDIO HighSpeed V2 IO Uart1 Booting

 

<参考文献>

Kolban’s book on the ESP8266 | Neil Kolban Tech